お尻出来物の原因






トップページ » お尻の出来物の原因とは?

お尻の出来物の原因とは?

お尻の出来物には粉瘤(ふんりゅう)とニキビがあります。
大きな違いは粉瘤は手術でしか治せず、ニキビは市販薬で治すことが出来ます。

実は粉瘤ができる原因は医学的に分かっていません。
しかし、手術は短時間で終わるため粉瘤ならすぐに手術した方が良いですね。
放置しておくと痛みが激しくなりますし、手術痕として残ることもあります。

出来物の種類が分からないならコチラをチェック!

一方でブツブツしたニキビ。
他の部位と違い、お尻は皮脂の分泌量が比較的少ないところ。
皮脂が少ないからニキビは出来にくいと思いがちですが、そんなことはありません。

お尻は椅子に座るなど全体重がかかるため角質が厚くなりやすいんです。
角質が厚くなると毛穴に汚れがたまりやすくなり、結果としてニキビが出来てしまうことがあります。

その他にもお尻出来物の原因となる要素は数多くあります
どれか一つが原因というよりも、いくつかの要素が交じり合って「お尻ニキビ」が出来てしまいます。

お尻ニキビの原因1「下着の摩擦」

普段から座るたびに、お尻周りは摩擦や圧力を受けることになります。
また、締め付けのある「下着」などにも注意をする必要があります。

摩擦や圧力は毛穴の荒れや角質の厚みを作ってしまいます。
これが原因となって、ニキビだけでなく”黒ずみ・色素沈着”を招く原因になります。

お尻ニキビの原因2「汗・皮脂」

皮脂の分泌が比較的少ないお尻であっても、汗を大量にかいてしまうと、それがお尻ニキビの引き金になってしまうことがあります。

ただでさえ汗疹などの原因になりやすい汗ですが、これが皮脂に詰まってしまうことでニキビのような症状になってしまうこともあります。

特に夏場は要注意!
通気性が悪い下着や紙ナプキンは不衛生になり、ニキビだけでなく「かぶれ」の原因になりますよ。

お尻ニキビの原因3「食生活・ホルモンバランス」

食生活が偏ったり、生理などでホルモンバランスが変わっているときでも、このお尻ニキビは起こりやすいとされています。

こういった条件下にあるとき、皮膚はいつもより敏感かつ繊細にあり、少しの汚れや刺激などに強く反応するようになってしまうからです。

お尻ニキビの原因の次は対策を!

お尻ニキビにはさまざまな原因が潜んでいます。
お尻ニキビが出来てしまった人は、普段の生活を振り返ってみると、上記のうちのどれかに当てはまることが多いです。

その原因について改善を試みることが、お尻ニキビを改善するための一番の近道と言えます。
普段みられることの少ないお尻ですが、プール、海、温泉などの予定があるときは早めに治しましょう。