お尻のサメ肌を治す方法






トップページ » サメ肌お尻の治し方

お尻のサメ肌とは?

sample
サメ肌のお尻とは?
サメ肌とは皮膚が鮫の肌のように「ザラザラ」になってしまうことです。

毛穴が乾いてぼつぼつになったり、粉状のアカが発生するなど寒くもないのに常に鳥肌がたっているような状態の皮膚の状態です。

サメ肌は角質層の乾燥が原因となって出来ます。

サメ肌のお尻を治す方法

サメ肌を治すために最も必要なことが「角質層を乾燥させない」ことです。
人間の肌は入浴後、5分を経過すると乾燥が始まるといわれているため、お風呂あがりに保湿効果の高い化粧水や乳液を使いマッサージをすることで改善できます。

「化粧水や乳液を試したけどサメ肌が治らない!」

そんなあなたは「顔用」の化粧水を使っていませんか?
効果がない理由は、お尻の皮膚は分厚くなっているため顔用の化粧水では角質層まで保湿成分が届きにくいからです。

お尻の角質層まで保湿成分を届けるためには、成分が微細化されている必要があります。
代表的なコスメとしては「ピーチローズ」は@コスメでも人気が高くおすすめです。

お尻専用のコスメは数少ないですが、ピーチローズはお尻のために作られたコスメ。
成分に「プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン」を含んでるから保湿効果バツグン!

お尻のサメ肌

お尻以外にもサメ肌が出来る場合の対策

お尻以外にもサメ肌になってしまうなら遺伝的要素が強いかもしれません。
そういった方は年齢と共に消えていく人も多いのですが、治し方は上記の通り乾燥対策になります。

でも、やはりサメ肌は治したいものですから、サメ肌を改善するために今日からできる対策を紹介します。

今日からできるお尻のサメ肌対策

サメ肌を治すために角質層を乾燥させないこと。
特に昼間は座りっぱなしのOLさんはサメ肌になりやすいので注意してくださいね。

サメ肌お尻のケア「保湿」

何度もいっている通りサメ肌の原因は乾燥。
顔と同じように保湿をしっかりしてあげましょう。

美容液や乳液などを入浴後のお尻にマッサージしながらすり込みましょう。 出来ることならピーチローズなどお尻専用のジェルを使うと良いです。

ヒアルロン酸を300分の1までナノ化したお尻専用の保湿ジェル「ピーチローズ」

サメ肌お尻のケア「下着」

下着は肌にやさしい素材で通気性をよくするといいです。
デザイン無視ならシルクやコットンが良いです。

昼間は難しいなら寝るときには締め付けのない下着を選びましょう。

サメ肌お尻のケア「洗い方」

サメ肌のお尻には洗う時も要注意。
ボディタオルではなく、手で優しく円を描くように洗うといいです。

お尻はデリケートな部分なのでゴシゴシ洗わないように!
もし敏感肌でヒリヒリする場合は一般的なボディーソープではなく弱酸性のものを選びましょう。

お尻のサメ肌に悩む女性が増えている!?

お尻のサメ肌に悩む女性が近年多くなってきている傾向にあるそうです。
サメ肌の最大の原因は乾燥ですが、その他にも代謝が悪くなることも影響します。

ホルモンバランスの乱れ、ビタミン不足、身体の代謝が急激に下がるなどです。
特に20代後半から30代の女性で悩んでいる人が多いようです。

普段の生活で不摂生になってしまっていたり、自分では何もつらくないと思っていることでも、身体には負荷がかかっているということです。

サメ肌に悩んでいる女性の方、身に覚えがあることがひとつでもあったら、きちんとした生活を送ることを心がけましょう。

短時間でサメ肌お尻を治したいならピーチローズ

もし短期間で効果をあげたいなら、お尻専用ジェルの「ピーチローズ」がおすすめです。
(ピーチローズはお尻ニキビや黒ずみにも効果があります)

保湿の高いジェルで@コスメでヒップケア部門No.1の人気商品です。

お尻サメ肌