ガサガサお尻 原因






トップページ » ガサガサお尻になる原因

ガサガサお尻になる原因

お尻が乾燥してガサガサになる原因は、古い角質が残ったままになるからです。
デスクワークの女性に多く、こういった方はお尻が凝り固まった状態になっています。

そのため乳液や保湿クリームを使った方もいるのではないでしょうか?
でも、全く効果がなくガサガサしたまま・・・。

効果がない原因は「お尻の皮膚は分厚い」からです。
簡単にいうと保湿成分が古い角質までアプローチできていないということ。

お尻のガサガサを治したいなら、お尻専用のクリームで古い角質まで成分が届くものを使う必要があります。

ヒアルロン酸を300分の1までナノ化したお尻専用の保湿ジェル「ピーチローズ」

ガサガサお尻の治す保湿成分のポイント

ガサガサしたお尻を治したいなら保湿成分もしっかり確認しましょう。
ヒアルロン酸やプラセンタ、ビタミンなどは保湿に欠かせない成分です。

また、それらの成分がナノ化されているかも確認しておきましょう。
通常のままだと古い角質層まで届かないため効果もイマイチです。

どれだけ良い成分が含まれていても、古い角質層まで成分が届かないのであれば意味がありません。

ガサガサお尻に効果のある使い方

保湿をサポートするクリームや乳液はお風呂あがりに使うのが最も効果があります。
お尻に限らず肌は、お風呂あがり後の5分後から乾燥が始まると言われています。

そのためお風呂あがり後に、出来るだけ早く付けてあげた方が良いんです。
マッサージをしながらクリームや乳液をすり込むイメージでやるといいですよ。

ガサガサお尻におすすめのお尻専用ジェル「ピーチローズ」

つけたあとでもベタベタ感がなく、しっとりするピーチローズ。
お尻専用のジェルとして@コスメのヒップ部門でNo.1の人気コスメです。

ピーチローズ