お尻 お風呂での洗い方






トップページ » お風呂での洗い方

お風呂でのお尻の洗い方

sample
お尻の洗い方によっては更に悪化させることもあります。
お尻はデリケートな部分ですから優しく洗うことがポイントですよ。
ここではお風呂で気をつけたい「お尻の洗い方」を説明しています。

お尻の洗い方の基本は優しく丁寧に!

お尻のニキビケアについては、顔のニキビケアと基本的には一緒です。
洗う際には刺激を与えないように優しく洗い、汚れを落とすために丁寧に洗っていく必要があります。

特に注意したいのが黒ずみを消したい気持ちから力をいれて洗うこと。
汚れを落とそうとするあまり、ゴシゴシと力を入れて洗ってしまうのは厳禁です。

泡で洗うつもりで洗うと汚れもしっかり取れます!

刺激を与えて、症状が悪化し治りが遅くなってしまいます。
お尻はデリケートな部位ですから、手で優しく丁寧に洗いましょう。

優しく洗ったのちは、シャワーなどでしっかりとボディソープを流していきます。
この時、ボディソープが完全に流せているか?をしっかりと確認するようにしてください。

ボディーソープがお尻などに残ったままですと肌荒れの原因になります。
繰り返しになりますがポイントは「お尻は手で優しく洗う」です!

お風呂あがりは専用ジェルを使うと効果アップ!

お風呂あがり後、5分を過ぎると乾燥が始まるのが人間の体です。
そのためお風呂あがり直後にお尻専用の保湿ジェルを使うと乾燥を防いで結果的にニキビやサメ肌、黒ずみを治りやすくしてくれます。

ぷるぷる、すべすべのお尻になりたい女性は是非実践してみましょう!
保湿成分たっぷりで効果がなければ返金保証もついているピーチローズは以下のバナーをクリック!

ピーチローズ

顔ニキビとお尻ニキビの違い

顔に出来るニキビのケアと少し違うところは、顔は皮脂を主に取り去るためのケアを行いますが、お尻の方は「角質」に気を付けたケアをすると効果が高い、ということです。

お尻は顔に比べて角質が厚くなりがちです。
これが原因となってニキビが出来るケースが多いので、古い角質はしっかりと落としておく必要があるのです。

ただし、だからといって何度も洗いすぎてしまうと、今度は必要な皮脂や角質も取り去ってしまうので、角質が余計に厚くなることがあり得ます。

こういったケアは、回数よりも一回の質が大事になってくるのです。
お尻を洗うときは「優しく、丁寧に」を心がけて洗うことが大切ですよ。

どのように気を付けていても、何かの原因でお尻にニキビが出来てしまうことがあります。
痛みがなくても見た目には良くありませんし、痛みがある場合は日常の行動に支障が出てしまいます。

お尻は、座ったりするときに摩擦が起き、悪化してしまい出来物ができます。
ケアの一番良い方法は洗うことですが、どのように洗えば効果が高いのでしょうか。