お尻 あせも






トップページ » お尻の汗疹

お尻のぶつぶつは汗疹?ニキビ?

お尻の汗
  • 汗で椅子がびしょびしょになってしまう
  • 汗で下着が濡れてしまう
  • パンツやスカートのおしり部分が汗で染みてしまう

などお尻に大量に汗をかいてしまう方は「多汗症」の可能性もあります。

お尻だけでなく、手や脇、背中、足裏、胸など体の一部分以外でも汗をかきやすい場合は一度病院で診察を受けた方がいいでしょう。

多汗症改善ならサラサラ7Days Program

お尻の汗を予防する3つの方法

一方でお尻だけに汗をかいていたり、ある時期から汗をかくようになった方はホルモンバランスの乱れなど一時的なケースもあります。

そんな方は、まずは手軽にできるお尻の汗対策をしてみましょう!

椅子の汗じみなら「空調ざぶとん」が超おすすめ

椅子に座った時の汗が気になるなら恐らく多くの方がこれで解決するでしょう。

空調ざぶとんとは、通常の座布団に送風機能がついたスグレモノです。
商品によっては、お尻だけでなく、太もも、背中までカバーしてくれます。

ざぶとん内に風を送りこむことで蒸れや湿気などを防いでくれます。
お尻に汗をかく方でも涼しく快適に過ごすことができます。

アマゾンでも良いレビューが目立つ優良商品です。

アマゾンの空調ざぶとん一覧

お尻の汗取りインナー

最近では汗取りインナーもおしゃれで可愛らしいものも増えてきました。
以前は脇汗用の商品ばかりでしたが、汗取りレッグアイテムやショーツもあります。

ベルメゾンのサラリストやユニクロのAirism(シルキードライ)など清涼感をだすインナーなど様々。
効果あり!という方も少なくないので、使ったことのない方は一度試してみるといいかも。

汗のお薬「塩化アルミニウム液」

塩化アルミニウム液とは昔から汗を抑える薬として使用されてきました。
また、汗を抑えるだけでなく、殺菌までしてくれるため皮膚科で処方されます。

濃度は低くなるため効果は薄れますが、ドラッグストアで買えるオドレミンやオドジェルミンというものもあります。

お薬でいえば他にも「ミョウバン」もありますが、それよりも塩化アルミニウム液の方が効果は高いようです。

ただし、痒みがでる方もいるので、まずはオドレミンやオドジェルミンを試す方がお肌には優しいと思います。