お尻痩せ ヨガのポーズ






トップページ » お尻痩せ効果の「ヨガ」

お尻痩せ効果ありのヨガ

ヨガ

ヨガは、お尻痩せだけでなく下半身全体が痩せる効果があります。

ヨガは骨盤が正しい位置に調整されます。
骨盤が開いた状態になっていると、血流が悪くなったり、下半身に脂肪やセルライトが付きやすくなります。

そのため骨盤の位置を調整することは下半身痩せにつながるのです。

体が硬くても出来て、しっかり効果のでるヨガとは?

ヨガの効果は幅広い!

ヨガは、骨盤の調整以外にも、深い呼吸が行えるようになったり、身体が柔軟になるというメリットがあります。

ヨガは、ダイエットの基本として、筋肉を鍛えることももちろんできます。
他にも集中力が付いたり、自分を見つめ直す時間もできたりと、習慣にすると良いことがたくさんあるんですよ。

下半身痩せに効果のあるヨガのポーズ

さて、ヨガのポーズの中で、下半身痩せに効果のあるポーズをいくつか紹介したいと思います。

まず1つ目は、橋のポーズです。
床に仰向けで横になり、両膝を立てて足の裏を床に付きましょう。

その状態から息を吸って、お尻を締めながら膝から太もも、お腹、胸までが一直線になるように腰を持ち上げます。

床には足の裏と腕、肩、頭だけが付いている状態です。
そのあと、両手を浮かせた身体の下で組みます。この状態で数秒間キープします。

このポーズを取っているときは、首に負担がかからないようにします。
顔は真上に向けたままにするよう注意します。

橋のポーズは、下半身全体に効果があります。

続いて2つ目は、コブラのポーズです。

うつ伏せからスタートします。
うつ伏せで胸の横に手のひらをつきます。

息を吸って手で床を押し胸を起こします。
おへそが浮くあたりまで起こすのがポイントです!

3呼吸保ったあと、吐く息でゆっくりとうつ伏せに戻りましょう。

コブラのポーズは、お尻の他に背中やお腹にも効果があります。

体が硬くても出来て、しっかり効果のでるヨガとは?