お尻 冷え






トップページ » お尻の冷えが招く病気

お尻の冷えが招く病気

お尻の冷え

あなたは気づくと知らないうちにお尻が冷えていたという体験をしたことはありませんか?

女性の方は特に冷え性の方が多いのでそう感じる人も多いかと思います。

寒さから体を守るための脂肪が多いお尻が何で冷えてしまうのか不思議に思ってしまいますよね。

このページではお尻が冷える原因冷えが招く病気について説明をいたします。

お尻のながらダイエットの方法

冷えの原因には自律神経のバランスの乱れや、貧血や低血圧、運動不足による血行不良などがあります。

脂肪は寒さから体を守るという重要な役割を持っている反面、熱を通しにくい特性があるために一度冷えてしまったら中々温まりにくいという特性があります。

そのため冷えやすい場所に長い時間いると、冷えたお尻が中々温まらなくなってしまうのです。
しかし、このお尻の冷えは放っておくと女性にとって様々な病気や障害を引き起こしてしまうので注意が必要です。

女性は特にお尻の冷えには要注意!

女性の場合、大事な子宮を守るために腹部に体の3分の1もの血液が集まっています。
脂肪が付きやすくなる特性もあるのですが、お尻も同じです。

女性のお尻が男性よりも脂肪つきがよくふくよかなのもお腹を冷やさないためなのです。
昔から女性は「お腹を冷やすな」とよく言われていますが、これもしっかりとした理に基づいた話だったんですね。

女性はお腹が冷えると生理不順や生理通、不妊、便秘、腰痛、更年期障害の促進、不眠、性欲減退など様々な症状を引き起こすことになります。

ですから、お腹の冷えだけでなく、それに大きく影響するお尻の冷えにも気を配らなければ、同じ症状を引き起こすことになるのです。

女性特有の症状も多いために、男性よりも冷え防止には本当に気を配らなければならないというわけです。
内臓を循環する血液量を増やすのに最も重要なのがお尻だとも言われています。

お腹が冷えないように気を使っていてもお尻が冷えればその対策も意味がないのです。
特に妊婦さんはこのことを十分理解してお尻が冷えないように対策をとるようにしましょうね。