皮膚科 お尻のぶつぶつ






トップページ » 皮膚科で治すお尻のぶつぶつ

皮膚科で治すお尻のぶつぶつ

皮膚科でお尻のぶつぶつを治すときに処方される薬は「飲み薬」と「塗り薬」の2つがあります。
症状にもよりますが、ほとんどの病院では、両面からアプローチして治すようです。

処方される薬は、

  • 飲み薬は、抗生物質やビタミン剤など
  • 塗り薬は、消炎剤、抗菌剤など

上記の薬はドラッグストアなどでも似たような薬が売っています
お尻は恥ずかしい、病院に行く時間がない人は、ドラッグストアで揃えてもいいかもしれないですね。

ぶつぶつだけでなく、乾燥でガサガサしていたり、黒ずみも気になるならネットで購入できる「ピーチローズ」もおすすめです。

お尻のトータルケアNo1(※)の「ピーチローズ」

※大手コスメサイト@コスメのヒップケア部門で人気No1

なかなか治らないお尻のぶつぶつなら皮膚科へ

薬を塗っても治らないなら病院の皮膚科へいきましょう。
丁寧に診察してくれるところでは、普段の生活状況などをヒアリングし、それにアドバイスをしてくれるところもあります。

プロの目から見た日常生活は、肌に悪いとされる行動を的確に抜き出してきます。
一度、そうしたアドバイスを受けてみるのもよいかもしれませんね。

こうした薬物治療をある程度の期間続けていくことで、改善がみられることがほとんどです。
なお、ぶつぶつではなく「粉瘤」は皮膚科ではなく形成外科で手術が必要になります。

粉瘤とは複数できるぶつぶつではなく、比較的大きな出来物です。
痛みがあり、皮膚内部にしこりがあるため触るとわかるはずです。